ブログ

<お花をいただきました>

百日草とハイビスカス・ローゼルというお花をいただきました。ご自分で種から育てられたそうです。きれいに咲いてますよね。愛情かけて育ててもらってるからですね。花があるってやっぱりいいな~。ありがとうございました。


<おいしいパンをいただきました>

パン教室の先生に手作りパンをいただきました。パイナップルブレッドとりんご&ラムレーズンブレッドです。このパイナップルブレッドはパインジュースが練りこまれているそうで、パインジュースをすごく感じました。とってもおいしいパンでした。パン教室の案内をしていますのでご興味のある方はお声掛けください。



<増えました>

「うちの猫がまた変なことしてる」の2巻、4巻、 5巻買いました。お待ちいただく時間は少ないと思いますが、おもかわいい話をお楽しみください。



<患者さんからの贈り物>

猫が好きな患者さんがエコバックをプレゼントしてくれました。うちのサクラ(うちの猫)に似ているから、とのこと。実は私も時々ネットに上がってくるこちらのエコバッグを見ていて「ほしいな~」と思っていたのでプレゼントされてびっくりしました。Suicaのペンギンのデザインをした「さかがきちはる」さんのデザインで「白黒さんいらっしゃい」というシリーズです。この猫を見るたびに「サクラにそっくり!」と思います。患者さんのお気持ちがとても嬉しいです。使うのがもったいないと思っていたけど、買い物のたびに使わせていただいています。とても丈夫で使いやすいです。S様、ありがとうございました。



<新しいパソコン>

来年の1月でWindows8.1のサポートが終了するということで、パソコンを買い替えました。たしかに、動作が遅かったり、ウ~ンという音が大きかったり、8年使ってそろそろかな・・・という気がしていました。新しいパソコンはWindows11。設定が終わり、DELLの方にわからないことを聞きながら、なんとか前のパソコンと同じように使えるようになりました。新しいパソコンはお利口で、人間もアップデートできればいいのですが、それはなかなか難しく、でも楽しみながら慣れていこうと思います。


長野県の安曇野にある常念岳に行ってきました。珍しく次男が一緒に行くと言い、初めての次男との二人旅になりました。常念乗越までは順調に進んだものの、山頂を見上げれば曇り。ここで辞めておけばよかったのですが「せっかくだから行こう!」という息子に押されて山頂を目指すことに。山頂は風が強く、晴れたら見える槍ヶ岳も全く見えず、冬のような寒さでかなり体力を奪われました。下りは雨。足元に注意を払いながらの下山は体力を消耗し、帰宅後は全身筋肉痛のよう。まだまだ体力づくりが必要です。これからも山を楽しむために体力を付けようと思います。



<帯状疱疹>

帯状疱疹の患者さんが増えています。帯状疱疹になるということは、相当、免疫力が下がった状態にあります。鍼灸による効果はWHOでも認められています。当院では鍼治療と合わせて可視光線療法(コーケントー)も利用してより早い治癒を目指します。帯状疱疹は良くなったと思っても、疲労やストレスで体の抵抗力が落ちた時にまたぶり返すことがあります。しっかりと治療を受けること、抵抗力を落とさないように日頃の生活にも気を付けて過ごすことも大切です。帯状疱疹の治療もご相談ください。


<患者さんにとって一番いいことを>

症状により病院で診察を受けていただくようお話しすることがあります。転倒による痛みは骨折やひびが入っている疑いがあるので、病院での検査をお勧めします。過去にこういうことがありました。施術の手ごたえになんだか違和感を感じ患者さんに「病院で診察を受けてきてください」とお話ししたところ、癌が見つかった、ということがありました。施術を受けても体が良い方へ変わっていかない時は他の疾患がある可能性があります。病院と治療院では役割が違います。患者さんが元気になることを一番に考えて、向き合っています。


<私も治療を受けています>

昨日は私のメンテナンスDAYでした。自分で治療できることは限られているので私も定期的に先生の所に行って治療を受けています。いつもながら自分が感じているよりも体は疲れているようです。自分でもメンテナンスが必要なことはわかっていますが、いつも妻が「そろそろ行って来たら?」と先に言ってくれます。それがベストなタイミングで、妻恐るべしです。家族でそんな風に声をかけあって、お互いに気づき合っていただけたらサイコーだと思います。当院には夫婦で家族で来院されている方が多いです。家族みんなで元気になりましょう。


<夏バテ防止に熱いお茶>

暑いと冷たいものばかり摂ってしまいますが、お昼ご飯の時と晩御飯の時は温かいお茶を飲むようにしています。こちらはルイボスティー。体にとてもいいお茶で飲みやすいです。お腹がド~ンとして食欲がない時は温かい物を飲みましょう。お腹がホッとおちつきますよ。食欲が落ちると体調を崩しやすくなります。お腹の冷やし過ぎに気を付けましょう。


こちらの2枚の絵を合わせて、ハッピーセットと呼ばれています。友禅染の手法で美濃和紙に染め上げたものです。左は「花鳥」善いことを吹き出し、右の「平安絵巻」は悪いことを吸い取ると言われています。この絵を買った人が「いいことが続いた」ということで、お客さんの間で「ハッピーセット」と呼ばれるようになったそうです。ご来院の際はみてやってください。


こちらが平安絵巻。悪いことを吸い取ってくれるそうです。


<我が家の娘は招き猫>

こちらは我が家の一人娘「サクラ」です。ただいま5歳です。ある雨の日の夜、大きな声で助けを求めるかのように鳴いており、主人が保護しました。サクラが我が家に来てから、猫を飼っている人と巡り合うことが多く、患者さんも猫を飼っている方が多いです。招き猫だったのかな・・・。猫を飼うのは初めてなので、患者さんにいろいろ教わっています。院内に写真が貼ってありますのでみてやってください。

<患者さんの授賞式>

4月に愛知県芸術センターにて名フィルのコンサートがありました。その舞台で患者さんのTさんが歌われました。ドヴォルザークの「月に寄せる歌」とヴェルディの「トロヴァトーレ」の2曲を歌われました。Tさんのソプラノ歌手としての活躍を初めて見たのですが、それはそれは素晴らしい歌声で感動しました。そのTさんがこの度受賞され、今度は授賞式と受賞歌の披露があるそうです。プロの歌手として日頃から体のメンテナンスに施術を受けています。プロ魂を感じます。


<いただいたお花>

かわいいベゴニアの花をいただきました。患者さんが手塩にかけて育てたベゴニア。葉っぱがツヤツヤとしてとても元気です。少しでも長く楽しめるように大事に育てようと思います


<子供の成長>

久しぶりに次男の身長を計ったら168cmくらいありました。家族の中で一番背が高くなりました。次男は食が細くて私の悩みの一つでした。体も小柄で大きくなれるのか心配でしたが、身長がグッと伸びて、握力は50キロ、こちらの12キロのダンベルも扱えます。子供の成長が嬉しいです。今、中学3年生でちょっぴり難しいお年頃ですが「治療して欲しい」と自分から行ってくるようになってきました。体も心も少しずつ成長しているようです。

<しあわせのパン>

パン教室の先生をやっている患者さんがいて、来院の度に必ず手作りのパンを持ってきてくださいます。材料にこだわってみえるからパンの生地がすごくおいしいんです。今日はコーヒー風味の食パンをいただきました。あずきを塗って食べるとおいしいよ!ってお勧めしてくれました。おいしいパンを頂けてとても幸せです。私たちは「しあわせのパン」と呼んでいます。



<体は冷えている>

暑いのでクーラーの涼しさが心地いいですよね。でも治療では温める治療が心地よく感じるみたいです。膝を温めると、大人の方でも「すー」っと眠っていかれます。治療後は「気持ちよかった~」って言われます。それくらい体が冷えているんですね。膝やお腹が冷えていることが多いので、電子レンジで温めて使う湯たんぽを使うのも有効的だと思います。「体を冷やし過ぎているかもしれない」ということを頭の隅に置いておいてください。気づいたら1枚羽織るとか、温かいものを飲むとか、体への気遣いをお願いします。


<体にはしっかり現れてます>

患者さんの話声が聞こえてくると、「今日はすこしお元気そうだな」とか「今日はお疲れカナ?」って思います。体がつらいと話すのも億劫になりますもんね。患者さんの表情、目の開き、顔色、歩き方、など拝見しますが、体の状態がよく見てわかります。自分では気づかなくてもしっかり現れていますよ。動きが鈍いな、体が重い、ひねりにくい、肩が上げづらいなど感じていませんか?我慢するより、早めにお手入れしましょう。